置き換えダイエットのおすすめランキング!口コミ人気食品はどれ?

置き換えダイエットのおすすめランキングは?!口コミで人気の食品

生理中に置き換えダイエットについて

 

生理中となると生理の度合いにもよりますが、辛い方もいればあまり辛くないという人もいます。そんな中で置き換えダイエットをすることができるのかというと、もちろん出来ないわけではありません。

 

しかし、食事制限のダイエットなのでストレスが溜まることもあると思います。その上で生理中でしたらさらにストレスが溜まったりするということにもなりかねません。ですので、生理中のダイエットについてしっかりと理解しておきましょう。

 

まず、ダイエットをする上で生理周期を把握するということが大事になります。生理周期というのは基本的に25〜38日といわれております。

 

この間に生理中と言われる月経期、生理後の安定した時期である増殖期、ホルモンの分泌に変化が起こる排卵期、生理前の時期の分泌期が訪れますが、この中で増殖期が一番ダイエットには向いている時期となります。

 

逆に分泌期に関してはダイエットに向かない期間となりますので避けるようにしましょう。これでわかることは生理が終わったら痩せやすくなっていますのでダイエットには最適ということになります。

 

生理が終わって2週間はある程度身体も軽くなって運動などもしやすくなります。基礎代謝なども高まりますので脂肪燃焼もしやすくなります。

 

この期間に置き換えダイエットをすることでもちろん体重は減りやすくなりますし、便秘などの解消もしやすのでデトックスこうかも期待できるのではないでしょうか。生理周期を理解してやせやすい時期を狙ったダイエットをしましょう。

 

置き換えダイエットには停滞期がある

 

 

置き換えダイエットに挑戦している方は体重が落ちない時期というのがないでしょうか。また経験したことがある人も多いと思いますが、この体重が落ちない時期を停滞期といいます。置き換えダイエットをする上で必ずあるといわれているのでもし落ちないといって焦らないでください。

 

そもそもこの停滞期がある理由をしれば納得するのではないでしょうか。停滞期というのがどうしてあるのかというと、これは身体が飢餓を防ぐための機能が発動して、少ない栄養素も吸収して蓄積されるので体重が減りにくくなります。

 

もっと解りやすく言えば、身体がこれ以上痩せることを阻止しているともいえます。生きる上での人間が無意識に飢餓に対応している状態が停滞期となりますが、ここでもう痩せないからといって食事を元に戻そうとすると余計な栄養も吸収してしまいますのでリバウンドしやすくなります。

 

ですので、停滞期に入っても根気よく続けるということが非常に大事になってきます。焦っても仕方がありませんので、とにかくいつも通りの置き換えダイエットを続けるということを意識することが大事です。

 

じゃあどのくらいの期間この停滞期が続くのかというのが気になるとは思いますが、個人差はありますが1週間から1ヶ月程度となります。その期間を超えればまた体重は減ってきますが、この停滞期を出来る限り短くしたいという場合は、基礎代謝を上げれば早まります。運動などをして基礎代謝を上げれば体重の減りは早くなるでしょう。

 

うどんダイエットで美味しく痩せる

 

うどんダイエットの良さ
うどんダイエットの方法というのは主食をうどんにするというものですが、うどんというと炭水化物なのでダイエットに不向きと思われがちですが、実は効果的なんです。それがどうしてなのかというと、まず少量で満腹感を得ることが出来るという事です。

 

うどんは弾力があるのでよく噛んで食べる必要がありますが、噛むことで満腹中枢が刺激されるからです。さらに、うどんは消化スピードが遅いので吸収も遅く、空腹になるのも遅いですし、カロリーを蓄積されにくいこともダイエットに向いている要因となります。

 

カロリーに関しても高いと思われていますが、思っているよりカロリーは低いです。白米の3分の2くらいのカロリーになりますので同じ量を置き換えて食べれば、置き換えダイエット効果で自然に痩せていきます。

 

そもそも炭水化物を摂取しないというダイエット方法もありますがストレスなどが溜まってしまいます。しかし、うどんダイエットは炭水化物も摂取するのでそういった食べられないストレスも感じにくいでしょう。

 

・うどんダイエットの方法
うどんダイエットは主食をうどんにするという方法ですが、3食全ての主食を変えるのは逆によくありません。健康的に痩せれない上にすぐに飽きてしまう恐れがあります。うどんダイエットは継続することが大切なのですぐに飽きて止めてしまったら意味がありません。

 

そういったことも考えて1食だけ置き換えるという方法を試すようにしましょう。また、うどんだからといって食べ過ぎるということは意味がありません。うどんもあくまで炭水化物だということをおぼえておきましょう。

 

 

更新履歴